【ジャンプ50号読み切り感想】「グーとグー」谷本達哉